初心者セールスコピーライターにおすすめの本5選【読破の順番も解説】

迷える子羊

セールスコピーライターって生き方に興味があるんだけど…。

迷える子羊

ぶっちゃけ、どうやって知識や技術を学べばいいわけ?

むろ

…てな人の為に、現役セールスコピーライターの俺が、数ある本の中から初心者におすすめの本をご紹介するぞ!

この記事でわかるPOINT
  • 初心者セールスコピーライターが必ず読むべきオススメ良本5選!
  • あなたにオススメしたい読破順序!
  • 月10冊以上の本を読破する筆者の『良書要点を漏れなくインプットする本の読み方』!

2021年7月現在、セールスコピーライターは世間的にまだまだ認知度の低い職業。ですから、その知識や技術をどのように学べばいいのか?という情報も、まだまだ少ないのが実状です。

そこでこの記事では、これからセールスコピーライターとして成功を目指す初心者の方に『必ず(笑)』読んでもらいたいおすすめの良本を5冊、ピックアップしてご紹介します!

むろ

いくつかある本の中でも『これぞ”初心者に”オススメ!』な良本をピックアップしたから、ぜひ参考にしてくれ。

秘書

今回ご紹介する本は、いまだに室川も読み返すことがあります。かなり本質的かつ具体的な内容が多いので、非常に役立ちますよ!

目次

初心者セールスコピーライターが確実に抑えるべき良本:5選

さて、さっそく本題に入っていきましょう。

初心者セールスコピーライターなら、必ず熟読すべき良本は、こちら。

  1. 10倍売れるWebコピーライティング/バズ部
  2. 10倍売る人の文章術/ジョセフ・シュガーマン
  3. セールスコピーライティング・ハンドブック/ロバート・W・ブライ(訳:岩木 貴子)
  4. 売れるコピーライティング単語帖/神田 昌典,衣田 順一
  5. 鈴木さんの成功。/星 渉
むろ

それぞれの簡単な紹介をしていくよ。

10倍売れるWebコピーライティング

まず最初にご紹介する本がこちら。

『インターネットでモノを売る』ということにフォーカスし、内容も比較的『(ランディングページなどの)Webに特化した』内容となっています(と言っても、原理原則が同じなので、通常のセールスレターにも適用できる内容ばかりですが)。

本書は構成として、セールスコピーライティングの『基礎/リサーチ/実践』と章立てされており、この本1冊でなんとなくセールスライティングの基礎知識&作業フローの全体像を掴むことができます。

特に『リサーチ』の章には簡単なワークシートもついており、

迷える子羊

ほーん、なるほど。セールスコピーライターは、こういった情報を集めていくのか…。

と、具体的なイメージを持つことができるでしょう。

(数は多くはありませんが)実例や事例、要確認すべきチェックポイントなども載っており、かつ『内容に専門的な用語がほぼなく、非常にとっつきやすい』良書なので、初心者の方は一度この本を読んでみることをオススメします。

むろ

ページ数も142ページしかないから、まず最初にイメージを掴む為にもとっつきやすくてオススメかな。

秘書

正直『この本だけ』では力不足感は否めませんが、完全初心者さんにはまず読んでほしい一冊です。

Amazonで本書を確認するならこちらをクリック!

10倍売る人の文章術

お次はこちら、シュガーマンの『10倍売る人の文章術』!

むろ

「また10倍かよ、はいはい、合わせて100倍ってか?」とか思わないように…。

この本は、大きく次の3部で構成されています。

  • 第1部:お客を爆発的に増やす書き方、コピーライティングの秘密
  • 第2部:最高の成果をもたらす44のテクニック
  • 第3部:ポイントを検証する – 具体例に学ぶ 

セールスコピーライティングという分野の本質的な部分を学びつつ、かつ様々な『具体的テクニックとそのポイント』を学び取ることができる、非常に優れた良本です(室川も、今でも結構読み返します)。

第1部で『セールスコピーライティングの本質』を学びとり、第2部で『セールスコピーライティングの要点(テクニック)』とその狙いを学び、第3部で『実際のコピー解説を見て、コピーの意図を掴む』という流れでインプットしていけます。

ただし…掲載されている実例は基本的に『紙媒体』かつ『海外のセールスコピー 』なので、これらの言い回しや書き方をそのまま適用しても、あまり効果はありません。注意してください(実際に、室川が自分の商品でテストしてみました。全然ダメです(笑))。

むろ

海外の人と日本の人は、やっぱり感性の違いとかあるから…。本に載ってる実例の書き方は、そのまま使ってもあんま意味ないぞ。

秘書

ですが、特に第2部の『テクニック』には「なぜ、そうするのか?」の説明も書かれており、具体的で非常に役立ちます。

Amazonで本書を確認するならこちらをクリック!

セールスライティング・ハンドブック

3冊目は、かれこれ30年以上『バイブル』として評価され、2021年5月に(約10年ぶりに)増補改訂されたザ・良本のご紹介。

「広告の目的はただ1つ。商品を売ること。」

セールスライティング・ハンドブックより抜粋

マーケティングでは、ネット上でも印刷物でも、コピーが今も至上の存在なのである。

セールスライティング・ハンドブックより抜粋

の言葉通り、どうやれば文章(コピー)を『商品、サービスを売る最高の営業』へと生まれ変わらせられるのか?という本質が、448ページにわたってギッシリ詰まっています。

セールスコピーライティングの本質が一通り書いてあるのはもちろんですが、1つひとつの項目に対してかなり詳しく具体的に書いてあることがポイント!(読み込む必要はありますが)知識のインプット元として最高峰の一冊と言えるでしょう。

最大の欠点は、かなり古い本であり、現代には適用できないような部分が多少なりともあること…だったのですが、なんと2021年5月に『現代に合わせて大改訂』されました!

変わることのない『人間心理に基づいた、セールスコピーの原理原則』に加え、今のデジタル時代に合わせて増補されている本書。セールスコピーに携わる人間が、手に取らない理由があるでしょうか?

いや、ない!

むろ

『ハンドブック』らしく、索引や用語集が末尾についているのも隠れた高得点ポイントだと思う!

秘書

最大の難点は『ボリュームがある』こと。ですが、この本を読めば、確実にあなたの基礎能力値がアップしますよ。

Amazonで本書を確認するならこちらをクリック!

売れるコピーライティング単語帖

4冊目は、比較的新しいこちらの本!この本を一言で表すと『カンニングペーパー』です。

この本は、セールスコピーの本質を学ぶような本ではありません。ですから、初心者がこの本を単独で読んだところで、間違いなく「なんじゃこりゃ?」となるでしょうね。

むろ

国語の勉強に辞書を読んでも、全然成長した気がせんでしょ?あんな感じになるねw

秘書

本書は『実際にコピーを書くタイミング』で、シーンに応じた単語や言い回しなどを引っ張り出すためのカンニングシートなのです。

セールスコピーは、読み手に合わせて『今、こういった内容の文章を書いて、読み手に○○を伝えたい!』というシーンがいくつも発生します。そこで悩むのが『伝える書き方』であり『言い回し』なんですよね。

本書には、『こういう目的なら、こういった内容を、こういった言い回し/書き方できるよ』的に事例と簡単な概要説明が書かれています。ようは、コピーで伝えたい内容に合わせた事例をカンニングできる、というわけですね(笑)。

むろ

ただし!セールスコピーの本質を理解せず、本書に載っている言葉をただ並べても、まったく効果は出ないから注意!

むろ

セールスコピーの基礎であり本質は『読み手に合わせた』コピー。これは、その前提を理解したうえで『使う』本だぞ。

秘書

セールスコピーライターとしてボキャブラリーを増やす。そういった目的で一度本書を読み、その後はカンニングシートとして活用しましょう。

Amazonで本書を確認するならこちらをクリック!

鈴木さんの成功。

迷える子羊

あれ…?なんか、毛色が全然違う気がするんだけど…。

迷える子羊

鈴木さんって誰だよ。セールスコピーライティングとか、全然関係なさそうに見えるんだけど。

むろ

と感じたあなたは正常!この本は、セールスコピーライティングとは”まったく”関係が無いからね(笑)。

秘書

でも、『セールスコピーライター』には関係大アリの良書です。

ここまで『セールスコピーライティング』に関する本を紹介しました。それに対し、本書は『自分でビジネスをする人』に読んでほしい、起業に向けた良書です。

ここを勘違いしている人は非常に多いのですが…『セールスコピーライティングが上手い』ことと『セールスコピーライターとして成功できる』ことは、まったくの別物です。

むろ

腕が良くても稼げない…そんな残念セールスコピーライターは、たくさんいるのだ。

秘書

会社に所属しないセールスコピーライターは『起業家』と変わりません。腕だけあれば食っていける、は妄想です。

今までずっとフリーで働いてきた…そんな人ならともかく、『これまでずっと雇われの身で働いてきた』『まだ本格的に働いたことがない』という人は、こういった『自分でビジネスをする』という概念と知識を学ぶ必要があります。

また、『USP(独自性)』など、クライアントのセールスコピーを書く上で必ず知っておきたいポイントなどもあるので、セールスコピーライティングにも少し役立ちますよ(笑)。

Amazonで本書を確認するならこちらをクリック!

あなたにオススメの読破順序

さて、今回ご紹介した5冊は、いずれも『これからしっかり稼げるセールスコピーライターを目指したい!』という初心者の方には、ぜひ読んでほしい必読本ばかり。

とはいえ、いきなり5冊『さぁ読め!』といっても、なかなか手を付けづらいですよね(笑)。

そこで、私からオススメの『読む順番』をお伝えします(といっても、いずれの本も『何度も目を通すことになる』とは思いますが)!

おすすめの読破順序!
  1. まずは『10倍売れるWebコピーライティング』を読む
  2. 『10倍売る人の文章術』を読む
  3. もう一度『10倍売れるWebコピーライティング』を読む
  4. 『セールスライティング・ハンドブック』を読む
  5. (しつこく『10倍売れるWebコピーライティング』を読む)
  6. 『売れるコピーライティング単語帖』に目を通す
  7. 『鈴木さんの成功。』を読む
迷える子羊

…10倍売れるWebコピーライティング、読みすぎじゃない?

と思ったかも知れませんが(笑)、ちゃんと意味があります。

“10倍売れるWebコピーライティング”を、知識のチェックシートとして使う!

まず最初に『10倍売れるWebコピーライティング』を読み、これまでほぼ未知の世界だったセールスコピーライティングという分野に触れてください。ボリュームも少なく、内容も簡単であり、かつ基本中の基本は学べるので、とっかかりやすいはずです。

ですが、正直『10倍売れるWebコピーライティング』だけでは、本質を理解するには内容もボリュームも足りないので…次は『10倍売る人の文章術』を読み、本格的な本質とテクニックを学びましょう。

そして、もう一度『10倍売れるWebコピーライティング』を読んでください最初に読んだ時よりも『なぜ、ここでこうするのか?』『こういう時は、何を意識すべきか?』といった、書いていない要点にまで気が付くはずです。

むろ

本質を知ってから入門書を読むことで、より具体的に知識が頭にインプットされるぞ。

そして最後は『セールスライティング・ハンドブック』。ボリュームも内容もトップレベルの本書を読んで、より深い本質と具体的なテクニックを刻み込みましょう。

できればこの後に、もう一度『10倍売れる〜』を読んで、おさらい&要点の深堀をすると尚いいですね!

秘書

『売れるコピーライティング単語帖』は読み込むような本ではありませんので、全体を軽く流し読みくらいでいいかと思います。

最後に『鈴木さんの成功。』を読みましょう。この本だけはセールスコピーライティングの世界とちょっと離れているので、まずは『セールスコピーライティングの世界』を集中的に読んで、がっつり自身に刷り込むのがオススメです。

もし”ゴリゴリ稼げるセールスコピーライター”になりたいなら…

これまでであれば、お勧めした良書5冊を、上記で説明した順序で読み込んでいけば十分でした。

しかし、時の流れとともにオススメは変わるモノ…。じつは、今はここに『初心者に必ず読んでほしい6冊目』の良本が存在します。

すでに読んでいる方も多いかも知れませんが…もしもまだ読んだことが無いのなら、『どの本よりもまず最初に』本書を読んでもらうことをオススメします。

その名は『仕事を始める前に、セールスコピーライターとして月10万円稼げる収入源を作る方法』です!

迷える子羊

…おまえの本じゃねーか。

セールスコピーライターの”成功方法”が濃縮されている攻略本!

この本は、私が完全初心者・ゼロスタートからセールスコピーライターとして稼げるようになるまで歩んできた『成功への7ステップ』を、専門用語を使うこともなく、これでもかというくらいに丁寧に解説した『攻略本』です。

むろ

しかも『無料』だ!セールスコピーライターの世界に触れるなら、必ず『なるべく早いうちに』読んでほしい!

秘書

ゼロスタートからの『成功への最短ルート』が書かれている本ですので、早く読むほど無駄な時間をカットできます。

本書に関する説明は、こちらのページに詳細に記載してあります。もしもまだ読んでいないのなら、ぜひ一度読んでみてくださいね。

『稼げるセールスコピーライター』として成功したいのならば、必ず役に立つはずです!

オマケ:要点を頭に入れる本の読み方

さて、ここまでで『セールスコピーライター初心者にオススメの良本』の紹介は終わりです。

が、最後にオマケとして『本の内容を余すことなく頭にインプットする、オススメの読み方』について、簡単にご紹介しておきますね。

オススメの読書スタイル
  • 本は合計で”3回”は読む
  • 1回目:最初から最後まで軽く流すイメージで最後まで読む
    • その際、要点と思える部分に線を引く
  • 2回目:線が引いてある箇所の前後のみ、しっかりと読み込む
  • 3回目:最初から最後まで、じっくり読む

よほど本を読むことに慣れている&理解力に優れている人でも無い限り、それなりの専門書を一度で完全に理解するのは不可能です。

また、失礼にあたるかもしれないので、声に出して言うわけにはいかないのですが…

むろ

この手の本、繋ぎの文だったりストーリーだったりと、特に役立たない文章もたっくさん書いてあるんだよなぁ…。

ですから、私の場合はまず全体をざっと読み要点をチェック、その後要点だけを集中読破、そして最初から最後までじっくり読み込む…という3段構成で読書しています(本によっては、3回目を省いたりもしますが(笑))。

秘書

要点に線を入れておくと、また読み返すときも要点だけ読み返せて便利です。ぜひ真似してくださいね。

終わりに:初心者セールスコピーライターは、まず本を読もう!

(セールスコピーライターに限らず)新しい世界に飛び込む時は、まず何よりも先に『先駆者が書いた本を読む』ことをオススメします。

なぜなら、様々な結果や成果を出してきた人たちが何年・何十年とかけて積み上げてきた知識や経験、ノウハウを『わずか数時間で』手に入れることができる。それが本であり、読書という行為だから。

むろ

読書は(ちゃんとターゲットを絞り込めば)最強の知識インプット方法だと思うぞ!

そして、本記事で紹介した5冊+1冊は、いずれも『セールスコピーライターという世界に飛び込む新人』にとってバイブルしてオススメできる良本たちです。ぜひ、熟読してください。絶対に損はしないでしょう!

秘書

この記事が、あなたのセールスコピーライター成功道の一助となることを願っています。

【公式YouTube】あなたの隙間時間を、濃厚な学びの時間に変えませんか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる