セールスコピーライターって需要ある?→無いよ!【でも引く手は数多です】

この記事でわかるPOINT
  • “セールスコピーライターの”需要が無い!と言い切れる理由
  • でも、セールスコピーライターを目指すべき理由
  • 『需要がないのに引く手数多』というナゾナゾの答え!
むろ

残念ながら、今の日本で”セールスコピーライター”の需要なんか無いぞ!

むろ

でも、じつは『あらゆる経営者から引っ張りだこ』な職業。超オススメの働き方だから、ぜひ目指そう(笑)。

セールスコピーライターという業種は、本記事執筆時(2021年7月)でも『ちょっと変わった仕事』です。

その特徴はWeb上の情報にも表れていて、ちょっとネットなどで調べてみても、

むろ

セールスコピーライター?ガンガン稼げる神がかった働き方よ!

なんて情報もあれば、

迷える子羊

セールスコピーライター?まったく稼げないし仕事はないし、もう論外ですよ…。

なんて情報も見つかるでしょう。様々な評価が錯綜している様子は、まさにカオスですね。

なぜ、こんなカオス状態を招いているのか?それは、『セールスコピーライターの価値・需要について、ちゃんと語られている情報が少ない(ない?)』ことが大きな原因でしょう。

…ということで、私がこの記事で語りましょう!というか、結論を言いましょう(タイトルや冒頭ですでに言ってしまってますが)。

“セールスコピーライター”に需要はほぼありません。ですが、セールスコピーライターが”提供できる価値”には、とてつもない需要があります。

ますますトンチみたいになりましたか?そんなあなたは、ぜひご一読を。この記事で分かりやすくまとめておきました!

秘書

この記事は、まさにセールスコピーライターという働き方で成功できるかどうかの分岐点となる記事です。

目次

“セールスコピーライターに”需要がないと言い切る理由

それは『セールスコピーライターという職種の認知度が、非常に低い』から。

今ここを読んでいるあなたのように、『新しい働き方』として、あるいは『ビジネスを爆発的に成長させる方法』として、様々なビジネスを模索しているような方なら、認知しているかも知れません。

でも、いまだにほとんどの方は『セールスコピーライター』という職業も、その提供価値も、理解していない(というか、知らない)。これが現実なんですよね。

むろ

まぁ、だから『勝ちゲー』なんだけどな…。

あなたの周りに『私はセールスコピーライターとして働いています』あるいは『セールスコピーライターを目指しています』みたいな人はいますか?

まずいないでしょう(汗)。

試しに「セールスコピーライターを目指しています」と人に話してみてください。ほぼ確実に「え?何それ?ライター業ってこと?」みたいなリアクションが返ってくるでしょうね…。

秘書

あなたが思っている”以上”に、人はセールスコピーライターという存在を知りません。これが今の日本のリアルです。

ですから…セールスコピーライターという”存在”に、需要があるわけがないんです。存在そのものが理解どころか、認知されてないわけですから(笑)。

認知されてない職業を語っても、その価値はまったく理解されない

例えば…

むろ

私は医者です!

迷える子羊

おぉ、お医者様なんですね!

という感じで、『誰でも知っている(分かる)』職業なら、その人が『どんな価値を提供してくれる人』かは(実際にどんなことをするのかは分からなくても)ほぼ想像つきますよね。

さらに言えば、私は『内科医です』とか『外科医です』とか分類されてると、より具体的に”何となく、どんな時にその価値を頼るべきなのか”が分かるでしょう。

ところが…

むろ

私は、セールスコピーライターです!

迷える子羊

へぇ〜(ん?…え、あ、うん…。え?)

となります(汗)。職業そのものが知識の外にあるので、『自分にとって、どんな価値があるのか?』『どんな時に自分の役に立つのか』なんて思考にはまったく辿り着けません。

秘書

セールスコピーライターの認知度が低すぎるため、『セールスコピーライター』という存在を求めている人はほとんどいないわけです。

むろ

これでは、とても『セールスコピーライターに需要がある』とは言えんでしょ?

分からなければ聞いてくれるでしょ?→くれません。

こういうお話をすると、たまに

迷える子羊

セールスコピーライターの価値が分からなければ、聞いてくれるんじゃないですか?

という質問が出るので、補足しておきます。聞いてくれません(笑)。

むろ

経営者ってのはな…”忙しい”のだ!

忙しい中、役に立つかどうか分からない、興味のない話を真剣には聞いてくれることなんかほぼありません。なぜなら、まず最初に『あなたが役に立つか?立たないか?』というシビアで生々しいフィルターを通しているからです。友達の仕事を聞いているわけではありませんから(汗)。

仮に「それ(セールスコピーライター)って何?」と質問されたとしても、それは『他愛もない会話程度のレベル』で、あくまで話を繋いだだけ、というレベルです。

むろ

ぶっちゃけ興味はないけど、その場の会話をつなぐために、なんとなーく質問した。そんな経験、あなたも無いかな?

残念ながら、こんな会話では『相手の耳に入っていない』と思うべきです(汗)。あなたが同じ立場なら、そんな真剣に会話の内容に耳を傾けていないでしょうし、ましてや『自分のビジネスに役立つ部分はないか?』という視点なんか持ち得ていないと思いませんか?

秘書

私たちがクライアントになって欲しい人ほど、まず『価値があるかどうか』というフィルターでふるい落とす、と思いましょう。

セールスコピーライターに需要がないのに、なぜ引く手数多なのか?

さて、次は『需要がないのに引く手数多』の謎解きをしましょう。といっても、この答えは簡単!

需要がないのに引く手数多な理由、それは『セールスコピーライターが提供できる価値は、すべての経営者が求めてやまない価値だから』です。

世の経営者たちは、皆『自分(の会社の)商品・サービスをもっと売りたい!』と日々考えています。

じつは、セールスコピーライターが提供する価値は、この『もっと売りたい!』を現実にするための特効薬そのものなんですよ。

むろ

あらゆる媒体を『商品・サービスを売るプロ』に作り替える。それがセールスコピーライターの価値だ!

たとえばあなたが会社の経営者だとして、自分の商品・サービスがもっと売れるようになる薬があったとしたら…絶対に欲しい!と思いませんか?

これは、ぶっちゃけてしまうと『業界・業種問わず、ほぼすべての経営者に当てはまる真理』。自分の商品・サービスがもっと売れるためにはどうしたらいいか?を考えない経営者なんて、ほぼいません。

セールスコピーライターが提供できる『あらゆる媒体を”売るプロ”へと生まれ変わらせる』力は、すべての経営者が抱える悩みの特効薬と言えるわけです。

むろ

ここまで需要のある価値を提供できる仕事なんて、そう無いと思う!

“引く手数多の”セールスコピーライターが取っている行動

“引く手数多の”セールスコピーライターは、この『職業:需要なし/提供価値:需要あり』という現実をよく理解しています(じゃないと、まともに仕事が取れないから)。

ですから、しっかり稼げてるセールスコピーライターはあまり『職業名』で自分を語りません(すでに高い認知度があったり、セールスコピーライターという存在を認識している人だけを相手にするなら別ですが)。

『認知度が低く、職業そのものでは需要を得られない』特性を持つセールスコピーライターは、提供価値でしっかりと需要を感じてもらい、仕事を取っていく必要があるからです。

むろ

つまり、セールスコピーライターの”提供価値”を中心に会話するわけだ。

秘書

セールスコピーライターという職業名でなく、その職業が持つ価値で”相手にどんな良いことがあるのか”を伝えるのです。

セールスコピーライターは、提供価値で会話せよ!

しっかり仕事を受注し、ガンガン稼いでいるセールスコピーライターほど『職業:セールスコピーライター』という肩書だけを相手に伝えるようなことはしません。相手に需要を感じてもらうために

迷える子羊

私は(セールスコピーライターとして)あなたに○○な価値を提供できますよ!

と、相手でも理解できるように需要(提供価値)をしっかり伝えます。

むろ

もっかい繰り返すけど、ほんとあなたが思うよりもずっと『セールスコピーライター』の認知度は低いからね?(笑)

むろ

多少知ってても「あぁ、セールスのための文章書く人でしょ?」ぐらいの認識値しか持っていない人が大半だからさ…。

秘書

セールスコピーライターの仕事は、そんな浅いものではありません。ここら辺はこちらの記事に具体的に記載してあります。

セールスコピーライターという存在をまともに認識していない人に「私はセールスコピーライターです、仕事を下さい」と言っても意味がありません。興味すら抱かれないケースがほとんどでしょう。

ですが、セールスコピーライターが”提供できる価値”は、すべての経営者が抱える悩みの特効薬。ここを相手に理解してもらえれば、極端な話『相手がセールスコピーライターという存在を知らなくても』仕事は取れますし、引っ張りだこです。

むろ

実際、俺のクライアントは…『セールスコピーライター』という名称を知らない人も結構いるぞ(笑)。

世の経営者は『セールスコピーライター』の募集をしていなくても、セールスコピーライターの提供価値を『○○できる人』という形で募集している、というケースは多くあります(セールスコピーライターという職業を知らないから)。

秘書

あなたが”提供価値”で会話できるようになれば、その需要は他セールスコピーライターと比べて抜きん出ることになります。

ちなみに、ネット上で『セールスコピーライターは稼げない!』と嘆いている層のほとんどは、この間違いに気づかず、『職業』で自分を語ります。認知度をリサーチするという思考も、状況分析も、需要を感じてもらうために『提供価値で語る』という意識もないわけです。

むろ

まぁ、ちょっと厳しい言い方かも知れんが…。

むろ

『リサーチ』や『状況分析』、『提供価値』といった概念で語れないセールスコピーライターとか、腕が悪くて仕事できなそう(笑)。

秘書

稼げない人は、見事なまでに『反面教師』な特徴を持っています。この記事にまとめていますので、良かったら参考にしてください。

セールスコピーライターとしての”提供価値”で会話するには?

さて、このまま『セールスコピーライターには需要がないから、需要の元である”提供価値”で会話してくださいね!』で終わってもいいのですが…きっと

迷える子羊

提供価値で会話しろ!とか言われても、やり方分からんわ…!!

という方もいるでしょう。そこで、しっかりと『提供価値で会話できるようになる方法』をお伝えしておきます。

むろ

スムーズに提供価値で会話し、需要を得る方法…それは『しっかり事前に(自分の)紹介文を考えておくこと』だ!

そんなこと?と思ったかもしれません…が、意外にこれ盲点なんですよ。あなたは『自分の価値を紹介する文章』というものを、真剣に時間をかけて練って考えたこと、ありますか?これ、かなり難しい行為です。

時間をかけて練っても難しい行為なわけですから、これを『ぶっつけ本番で考えて、しっかり相手に伝わるように話す』とか、実際にはほぼ無理ゲーですよね(汗)。

むろ

あなたも、就職活動やバイト面接などなど…うまく『言いたいこと』を伝えられなかった経験があるんじゃないかな。

秘書

だからこそ、きっと『事前にPRを書き出す』という行為を行い、まとめ、伝える練習をしたのではないでしょうか。

あなたが

事前にまとめておきたいポイント
  • どんな人に向けて
  • どのような価値を
  • どのような方法で提供する人間か

ということをあらかじめ整理し、必要になったら『スムーズに』伝えられるようにあらかじめ準備・練習しておきましょう。

こういう『ちょっとした努力』が、成功するセールスコピーライター/路頭に迷うセールスコピーライターを分けることになるんですよね…。

秘書

“ここ!”というタイミングでスムーズに提供価値を語れるように、あらかじめしっかりと準備しておきましょう。

【朗報】セールスコピーライターの提供価値に対する需要は、今後も伸びる!

これは、セールスコピーライターという生き方に興味を持っている方からすれば、非常に朗報なはず。セールスコピーライターの提供価値に対する需要は、今現在でもどんどん伸びています。

その理由は…今の世の中『起業』『副業』のハードルが思いっきり下がっており、自分でビジネスを起こす人が一気に増えたから。

ようは、世の中に(ちょっと言い方悪いですが)ぱっと見似たような商品・サービスが溢れかえっているんですよね。

むろ

なぜなら、多くの人は『自分の商品・サービスが持つ価値』を、独自性がある形でしっかり語る(表現する)方法を知らないから。

むろ

まぁ、セールスコピーライターという職業の認知度が、ここまで低いくらいだからねぇ…(笑)。

しかも、今の時代はネットを筆頭に『商品・サービスを探す方法』も飛躍的に進化しています。だからどう足掻いても『競合他社(の商品・サービス)と比較される』という事態は避けられません。

結果、『競合他社との比較で、優位に立つ方法』に頭を悩めている経営者が、非常に多いんですよ。

秘書

まさに、競合他社との競争から抜け出すための”セールスコピーライティング”が圧倒的に不足している、というわけです。

セールスコピーライターという”特効薬”が必要な人は、どんどん増えている!

  • 自分でビジネスを始める人がどんどん増えているが…
  • その大半が『商品・サービスの価値を表現する方法』に乏しい状態で…
  • 多数の類似商品・サービスと比較されてしまう状態にあり…
  • 「なんとか競合他社との比較で優位に立ちたい!」と悩んでいる

世の中、こんな状態があるわけですから…。

むろ

セールスコピーライターという”特効薬”の需要が増え続けるのは、当たり前の話だよねぇ。

秘書

世のビジネスが切磋琢磨し競い合う時代ほど、セールスコピーライターの提供価値に対する需要は飛躍的に高まるのです。

どうでしょう…セールスコピーライターは、まさに”現代最強の需要を持つ職の1つ”と言っていいと思いませんか?

むろ

職業の認知度は全然ないけどな!職業名を言っても、誰にも「すごい!」とは言ってもらえないぞ(笑)。

 セールスコピーライターの需要に関する真実:まとめ

さて…結構ボリュームある感じになってしまいましたので、最後にここまでの内容に関する要点をまとめておきますね。

ポイントまとめ
  • セールスコピーライターの需要ってある?⬇︎

ない!というか、そもそも認知度が全然ない!(汗)

  • じゃあ、なんで引く手数多なの?⬇︎

セールスコピーライターの”提供価値”自体は、すべての経営者が欲してやまないほどの需要を持っているから!

  • どうやれば引く手数多なセールスコピーライターとして活動できるの?⬇︎

セールスコピーライターという”職業”でなく、”その職業が提供できる価値”を中心に会話すべし!

  • どうやれば『提供価値中心』の会話ができるようになる?⬇︎

最低限、あらかじめ以下のポイントをまとめておき、スムーズに伝えられるように事前準備!

  1. どんな人に向けて
  2. どんな価値を
  3. どんな方法で提供するのか?
  • 今後の需要について、室川の展望を教えて!⬇︎

需要は間違いなく今後も伸びるから、安心して目指しましょう(笑)

いかがでしたか?

冒頭でお伝えしたように『セールスコピーライターには需要がないが、その提供価値には需要がある』という現実の理解は、セールスコピーライターとして成功できるか否かの分岐点となります。

むろ

ここの理解ができていないと、まさに『仕事が取れないセールスコピーライター』となってしまうわけ。

秘書

そもそも『価値で語る』のはセールスコピーの基本でもあります。あなた自身にもしっかりセールスコピーを適用させましょう。

ではでは。この記事があなたの成功の手助けとなることを願っています!

【公式YouTube】あなたの隙間時間を、濃厚な学びの時間に変えませんか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる